記事一覧

助かりまーす( --)ノノ  笑

人を集められるスキルも無いし、
普段からSNS以外で仕事以外の人との接点もほとんど無いんで、
大学の後輩が年に2回ぐらい企画してくれているサークルOBライブイベントは、
数少ない、何も考えないでただ楽しんでればいい、
若手と盛り上がれる場。
さすがに22~24歳ぐらいで終わる大学の卒業生ってことで、
俺からすれば10コ下とか普通だし、
現役の大学生なんか20近く下なんで、
ってか、昔から無関係に出入りしてたし居心地がいいから毎回勝手に来てるだけで、
そもそも自分がいたサークルの隣のサークルなので、
おっさんがいつまでも来てんじゃねぇよ、
ってかそもそも誰だよ、
というアウェイ感を勝手に感じがちだが、
別に先輩ヅラしたくて行くわけでも無く、
おっさんのクソつまんねぇおっさん話をしたいわけでも無く、
ただただ馬鹿みたいな話だけをするつもりで行ってるので、
実際行ったら意外と盛り上がって、
まぁ今回も良かった良かったというところ(笑
そして、マジでいいかげんお前も出ろよ、
現役時代は怪奇系音楽創作家だっただろ確か、
毎回来るだけ来て何もしないで
馬鹿みたいな話して酒飲んで帰るだけじゃねぇか、
などと当時を知る者には言われるので、
そのうち時間ができたら、
3曲ぐらい簡単な打ち込みを作って、
実は本当に音楽もできるんだよ、
ただのおかしな陽気なおじさんじゃないんだよ、
というところを、こう、ガッと示して、
コピーバンドメインのまだまだ若手の後輩たちに、
音楽というものの可能性について、
良くも悪くも影響を与えてみようかと思う(笑
意外と今年は向こう2~3ヶ月はヒマかもしんないので、
そのスキに3曲ぐらいなら作ってキープしておくこともできそうだな( --)゛
ただこの「ライブそのうち出る出る詐欺」を長らくやってるせいで、
あと現役時代を知る後輩のやや異常な特別扱いの煽りで、
無駄に期待値が上がってる気がするのが怖いんだけど(笑
まぁ、楽器の舞台という設定の中で、
できる限りその期待を斜め上に裏切れるように頑張ります( --)ノノ
普段引きこもりだし裏方気質なんで、
表に出ると意外とアガっちゃってMCとかクソ滑って恥ずかしいんだけど(笑
----
で、それとは別件で、ライブイベントの後に、
某カフェバー的な店の店長(37)の生誕祭があったんで、
そこへの土産のネタが画像1。
その店に行くそもそものきっかけの、
上述とはまた別の、本来の自分のサークルの後輩に、
久々に会うんでついでに持っていったネタが画像2。
実際にボトルに貼り付けた状態が画像3。
ほんとにヒマになるとこんなことばっかりしてんだから(笑
しかし仕事と違って、
なんというか、ほんとにものすごく充実感(*--)゛
今回のテーマは、「開ける勇気」かな(笑
こっちはまた若手とは違って、
若干リアルなギリギリの人たち(笑)の溜まり場感が強かったが(笑)、
昔からむしろそういう人たちに異常にでウケる体質の人間なので、
まぁまぁ好意的に受け入れてもらえて、
こっちもこっちで良かった良かった(*--)゛
俺は面白ければ何でもいいし、
一般社会のルールなんか過去の人間が勝手に作った文字列幻想だというのも知ってるし、
人生は何か真面目な偉業を成し遂げなきゃならない苦行だなんて全く思わないし、
全身全霊の想像力と創造力を持って、
面白いことができればそれでいいと思って、
それを小ネタながら堂々と公言してやり続けてるんで、
それでいて一般社会からもギリギリではずれないように
バランスをとれる知識・素養もあるんで、
ただの反骨発散系現代アーティストじゃないんで(笑
ちょっとズルいのかもしんないけど、
本気のアーティストほどには大層なもんは作れない、
しょせん小ネタですから( --)ノ゛
本気でアートやれるほどの地盤も無いし。
とは言え、まぁ、やれる限りはやります、
そしてできればもう少しずつその地盤も大きくしていきます( --)ノノ
----
そんなこんなで、
日常の友人がほぼゼロでおなじみの私でも、
いろんなみんなが頑張ったり元気だったりいいやつだったりするおかげで、
自分では決して用意できないような、
こうして俺でも好意的に楽しんでもらえる場があって、
じゃあその礼にそいつらを楽しませようと、
笑い話にもものづくりにもモチベーションが発生するので、
ただ生命を摂取し消費して自分の欲を満たすためだけの人生で終わらずに済むので、
なんというか、助かりまーす(*--)ノノ

もう少し金持ちで、その上でヒマだったら、
将来とかに怯えずに安心して
もっと手の混んだネタも作れるようになるんだろうけど、
まぁそのための布石も色々地道に打ってるんで、
どうにかなるだろ、たぶん( --)゛
どうにかなった方が、
俺も君もそしてみんなも面白いことが増えるんだから、
どうにかなるべきだし、
こうして世界が必要としている事象が未来に予定されているのだとすれば、
自然とそういう方向に世界の因果律が
傾いていくはずだと思うんだよ、うん( --)゛

私の中のその意志が消えない限り。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント